銀座の歩き方【若者編】

お楽しみスポットいっぱいの銀座についての紹介です。

銀座の近くに住みたい

Posted in 暮らし | 銀座の近くに住みたい はコメントを受け付けていません。

銀座の安い物件とは

東京の銀座が好きで、銀座に住みたい、あるいは銀座の近くに住みたいと考えている人はいるのではないでしょうか。しかし、都市部は地方と比較して物価は高い傾向にあります。その中で東京銀座区域では、2017年時点での「たけしのニッポンのミカタ!【知られざる!ニッポンの秘境暮らし】」から、日本一地価の高い場所と言われるほど、高価格物件が数多くあります。

現在、47都道府県のうち、1番地価平均が高い地域は東京都です。東京都の地価平均公示価格は2019年時点、109万6,445円で、2位の大阪府の地価平均公示価格29万8,443円と比較すると、その差が分かるでしょう。逆に47番目には秋田県で、その地価平均公示価格が2万4,957円と1位と47位とでは、地価価格の圧倒的な差が生じています。

都市部は地価も物価も高い傾向にありますが、多くの情報に触れられる点や利便性の高い施設の利用ができることから、都市部の中で、できるだけ安い物件を探そうと考えている人は多いと思います。

東京都にある安い物件

東京都内にある銀座の中でも、場所ごとに地価価格が大きく変わっており、1位の5720万円から14位の293万円まで、桁数も異なるほど。基本的に10万円以上の家賃がかかる物件が多、その中でも7、8万前後の家賃で物件を提供するところは多いようです。例えば、東京都江東区永代2にあるマンションでは、ワンルームで、家賃が7万円で提供している物件があります。

どちらも、築50年を経ており、古き良き時代がから続く味わいのある物件の1つです。

東京メトロやJR京葉線を利用してアクセスできる東京都江東区永代2区域にも、家賃7万円で提供されている物件もあります。そのほか、東京メトロ東西線「門前仲町駅」から歩いて8分ほどの周辺に、家賃8万円でキッチンスペースを用意している物件がいくつかあります。

学生は学生マンションも視野に

東京都は日本の首都であり、商業の発展が盛んな地域でもあります。公共交通機関が地方と比較して充実しており、様々な施設も設置されていることから、利便性の高い地域といえます。一方で、利便性の高い分、地方よりはスーパーやコンビニで売られている商品や施設利用料金などの物価も高いため、どうしても生活費用がかかってしまいがち。

しかしながら、都市部とはいえ、探してみると比較的安く提供している物件も数多くあります。銀座まで地下鉄で7分の御茶ノ水では、狭い物件なら5万円代から借りることが可能です。銀座の近くに住みたいのなら、周辺地域の物件も確認するといいでしょう。

学生の場合は、学生寮や学生専用のマンションを利用することが可能です。家賃は7万円代からになりますが、管理人常駐でオートロック、家具家電付きと設備が整った物件が多数揃っています。
学生寮はこちらのサイトで探すことができます→学生寮「全国一人暮らし.com」
都内で生活を考えている人は、一度住む場所の周辺エリアの物件情報を調べてみると良いでしょう。