銀座の歩き方【若者編】

お楽しみスポットいっぱいの銀座についての紹介です。

身も心もあたたまる銀座のランチ

Posted in 食事 | 身も心もあたたまる銀座のランチ はコメントを受け付けていません。

銀座でランチというと、高そうなイメージがありますが、よく探せば、安くておいしいお店が見つかります。
銀座の高級なランチも悪くないですが、懐具合がさびしい時にも、お腹いっぱいになれる店を知っていたら嬉しいですね。
寒い冬に、身も心もあたたまる銀座のリーズナブルなランチをご紹介。

ミルクワンタン鳥藤は、銀座で名の知れたお店です。
一風変わったところです。
お店の中は、昭和の雰囲気が色濃く残っています。
すこし古びた椅子が並ぶカウンターに、チェック柄の座布団が置いてあるお座敷。
一昔前は、こんなレストランが街のどこかにありました。
ここの名物は、お店の名前にもなっているミルクワンタン。
ボルシチからヒントを得た料理です。
ミルクに塩味を加え、ワンタンと鳥モツを煮込んだもの。
あったかくて、やさしい味がします。
寒い日に食べるのにぴったりです。
ミルクワンタンのお値段は、800円。
リーズナブルなランチを食べたくなったときに、ぜひどうぞ。
JRの有楽町駅の近くです。

銀座木挽町うどんは、めずらしいうどんが食べられるところです。
アボカドうどん、などいった変わったメニューがあるのです。
名前の通り、アボカドがまるまる入っています。
アボカドの甘さとだし汁の辛さが絶妙にマッチしています。
うどんは他にもあり、みんな1000円以下です。
一番安いものはタヌキうどん(ほか)500円で、高いものでもカレーうどんとアボカドうどんの700円。
わずかなお金をプラスして、かき揚げ(200円)、温泉たまご(200円)、九条ねぎ(90円)などをトッピングすることができます。
元は八百屋さんだったそうです。
お店の中は、レトロな雰囲気が漂っています。
ワンコインで食べられることで、サラリーマンの間で有名なお店です。
給料日前、お財布の中身がさびしい時に、行くのもいいかも。
場所は東銀座駅の近くです。
だいつねビル1階。

五行という面白い名前のラーメン屋が銀座にはあります。
名前もユニークですが、お店のメニューも個性的。
焦がしを使ったラーメンがあるのです。
例えば、焦がし味噌麺。
焦がした味噌で味をつけたものです。
コクのある味わいです。
焦がし醤油麺もあります。
焦がしで香ばしい醤油の風味が特徴になっています。
餃子やモツ、だし巻き卵などの一品料理も充実。
みんな700円前後なので、ランチにプラスしてもいいですね。
肝心のランチは、上記のラーメンに、ご飯やおかずを加えたもの。
麺+サラダ+デザートにすることもできます。
場所は地下鉄の銀座駅から徒歩3分です。